軟部腫瘤MRIのを上手に撮像するための4つの秘密

軟部腫瘤MRIは難しい。

今、撮像している軟部腫瘤のMRIを見直してみてください。
どこに、どんな、腫瘤があるのか?これは技師の腕の見せ所。
最低限、検出可能なMRIを心掛ける。(マーキング)

軟部腫瘤MRI上達へのポイント

現在、作成中(しばらくおまちください)

軟部腫瘤基本的なシーケンスポジショニングを説明して、さらにキモてきな内容とポイントを絞った画像などを解説していけばよい。

可能な範囲で画像を掲載しても問題ないとは思いますが、無断で転載などなように十分に注意を呼び掛けること。

強調するところはする。

軟部腫瘤のルーチン

  • Cor STIR
  • Cor T1WI
  • Cor T2WI
  • Ax  T1WI
  • Ax  T2WI

代表的な軟部腫瘤

アテローム、滑膜肉腫、滑膜のう腫、化膿性関節炎、ガングリオン、関節血腫、間葉性軟骨肉腫、巨細胞腫、筋ストレイン、筋肉内粘膜腫、膿瘍、血管腫、腱鞘巨細胞腫、滑膜包炎 骨壊死、骨芽細胞腫、骨軟骨腫、骨肉腫、骨のう腫、骨膜骨肉腫、脂肪腫、脂肪肉腫、シュモール結節、神経芽細胞腫、神経鞘腫、脊索腫、繊維性脂肪腫、繊維性骨異形成、線維肉腫、足底筋膜炎、大腿骨頭壊死、大腿骨頭骨化障害、転移性骨腫瘍、内軟骨腫、軟骨芽細胞腫、軟骨肉腫、粘液線維肉腫、表皮のう腫、平滑筋肉腫、傍骨骨肉腫、傍神経節腫、リンパ管腫、類骨肉腫、類上皮肉腫、類表皮のう腫..など